トップページ > 救済治療・再生療法 > 歯の挺出(Extrusi … > vol.22 症例 1 …


歯の挺出(Extrusion)

症例 1 - vol.22 -

56歳 男性  (矯正的挺出)



「噛むと違和感があり、ぐらぐら動く感じもします。」と来院されました。



レントゲン写真を見ると支台が本来の根管内に納まっておらず、反れて歯根の外まで達しているようです。






原因歯の隣のクラウンを除去すると、支台ごと簡単に外れてきました。
根管内をみるとやはり人工的に開いた穴(矢印)があります。
穿孔部(パーフォレーション)周囲の歯質はとても脆弱しています。







歯肉縁下にある穿孔部をExtrusionにて縁上に持ち上げ保存することにしました。







順調に縁上まで挺出しました。







テンポラリーで固定 経過観察
近心中央に存在していた骨欠損はExtrusionによって消失し、周囲の骨は緻密化してきました。







患者さんの希望で補綴物はブリッジにしました。治療後7年経過していますが、快適のようです。
(根尖に薄く透過像がありますが、治療前から存在しており、患者さん曰く以前に大きな根尖病変があり、何度か感染根管治療を繰り返した経緯があるようです。症状は全くないようですが、末永く経過観察することが必要でしょう。)